うなぎ料理【観光荘】長野県岡谷市
観光荘 店舗紹介
観光荘 トップページ
店舗紹介

岡谷本店
松本店 店舗紹介

お品書き

宴会のご案内

蒲焼通販

うなぎアラカルト

やなのお話し

やな日記(ブログ)

お客様トピック

スタッフ募集

お客様リンク


観光荘 松本深志店

リクルートサイトへ








自然の荘 観光荘 >> 信州の活水で締めた鰻と技 >> 味の決め手はタレ >> 本格派炭火焼き >> アクセス・営業案内



当店は岡谷市と辰野町のほぼ中間の県道沿いに位置し、山と川に囲まれた自然の中にあります。裏手の山あいでは、しばしば日本カモシカの姿を見ることも出来ます。また、辰野町のほたるの名所にも近く、季節ともなると、まよい蛍も見うけられます。

季節を通じて移り変わる自然の彩りは、観光荘自慢の味わいと共にお客様に楽しんでいただけるものと思っております。観光荘という名は、ほたるの光を観る荘(やかた)ということでついた名称です。



暖簾をくぐると、お客様席が見えてきます。
すぐ横には天竜川を望めます。



この看板が目印です。



階下の囲炉裏席です。
やな師が番をした風情漂うお部屋です。


40名収容のご宴会場です。
混み合っている時には、お食事の
お客様にもご利用頂いております。
尚、カラオケがご利用になれるのは、
1月と12月のみですのでご了承ください。

このページの先頭へ↑


当店では仕入れた鰻の品質を確かめるために、鮮度、色合い、さらには泥臭いか風味を確認し、スタッフが厳選しております。
その後、信州の自然が育んだ地下水を地下50mより汲み上げて、鰻を打たせ、更に泥臭さを除いて身を引き締めます。
程良く身の引き締まった鰻は、背中から捌く関東風の『背開き』にし、串を打ちます。


半世紀に亘り、数多くのうなぎをつけ込み、熟成したタレがカメの中で歴史とうまみを凝縮して、他ではまねの出来ない観光荘の味となります。
タレの味は甘みが感じられるかと思います。


ヘルシーなうなぎと言っても、おいしく食べれなければ意味がありません。観光荘では、お客様においしく食べていただく為に、うなぎを蒸さずにそのまま炭火で焼き上げております。そのため若干の香ばしさがございます。
なぜ、炭火焼きだとうなぎがおいしく焼けるのでしょうか。炭火の熱の伝わり方は、放射といって同じ強さの熱が四方八方に広がるもので、太陽熱が地球に届くのと同じです。
この放射熱で焼くと水分がしみ出る前に表面が焦げて蒸発を防ぎ、結果的にうなぎの中の水分が保たれ、ふんわりした軟らかい身になります。
またうなぎを焼くとき大切なのは、蛋白質と脂肪を分離させないことです。温度を急に上げると蛋白質が繊維状になって収縮し、脂肪が分離します。逆に温度上昇が遅すぎると、脂質が先に溶け、うまみがなくなるのです。遠赤外線が多い炭火で焼くと、その温度上昇が理想的で、しかも身の外と中とで温度差が少なく、
うまみが生かせるのです。
また、炭火の灰もうまみに欠かせない働きをしています。脂肪や蛋白質は、時間が経つと分解して脂肪酸になり、PHが下がりうまみを消してしまいますが、灰のアルカリ性分がこれを中和してうまみを引き出すのです。このようにしておいしいうなぎが焼き上がります。

このページの先頭へ↑


■住 所 〒394-0045 長野県岡谷市川岸東5−18−14
■TEL 0266−22−2041
■FAX 0266−22−2066
■アクセス 中央自動車道 岡谷I・Cより約15分   伊北I・Cより約20分
ご案内マップ
■営業時間
●昼の営業 11:00〜14:00(LO)
●夜の営業 16:30〜20:00(LO)
■定 休 日 毎週木曜日他 年間カレンダーをご参照ください。
■その他
ご 宴 会/ 大宴会場40名 小宴会場4〜16名
かつて簗(やな)師たちが夜通し番をしたその趣が今に残る宴会場20名
(状況によってはお受け出来ない場合もございます)

※ご宴会は夏場の繁忙期はお受けできない日もございますので、予めお問い合わせください。

うなぎ料理の他、季節料理などご要望に応じて特別料理を御用意いたします。
本格的な味覚を是非ご賞味くださいませ。

このページの先頭へ↑

うなぎ料理(お食事処) 観光荘
〒394-0045 長野県岡谷市川岸東5-18-14
TEL/0266-22-2041 FAX/0266-22-2066
中南信地域ポータルサイト
[信州バーチャル玉手箱へ]
Copyright (c) Kankoso Co Ltd. All Right Reserved.